マユミ
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
マユミ
果実観賞期101112
学名 Euonymus sieboldianus
(=E.hamiltonianus ssp. sieboldianus)
和名マユミ
英名
別名ヤマニシキギ
科名ニシキギ科
属名ニシキギ属
性状落葉低木
用途 小〜中鉢
庭園
原産地日本〜朝鮮半島
特徴 秋に淡紅色の果実がたくさん垂れ下がり、果実が割れて、橙赤色の種子が露出します。この色彩のコントラストが美しいので、古くから庭木や盆栽に広く使われてきました。果実は昼間開き、夜には閉じます。また、紅葉も色鮮やかで美しい。雌雄異株ですから、雌木を栽培します。
管理 性質は強健。前年に延びた枝先に花が咲くので、剪定に注意。繁殖は挿し木。種まきもできるが実の着かない雄株も出る。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ