ミカエリソウ
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ミカエリソウ
開花期101112
学名 Leucosceptrum stellipilum
(=Comanthosphace stellipila
和名ミカエリソウ
別名イトカケソウ
英名
科名シソ科
属名テンニンソウ属
性状落葉低木
用途 小〜中鉢
花壇
原産地日本
特徴 中部地方以西の山地の木陰に自生し、シソ科では珍しく木本性です。茎の先端に長さ7〜15cmの細長い総状花序を直立し、3個づつ対生した淡紅色の小さな唇形花を密に着けます。茎は基部から多数出て、草丈は50〜100cm。葉は長楕円形で、周縁は鋸歯があり、長さ10〜20cm程度。自生地で群生して開花する景観がたいへんに美しく、思わず見返ると言うことが和名の所以です。
管理 性質は強健。繁殖は挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水

ホームページ鉢花目次同じ科の仲間