ミムルス・アウランティアクス
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ミムラス・アウランティアクス
開花期101112
学名 Mimulus aurantiacus
(=Diplacus glutinosus)
和名
英名
流通名ミムラス・オーランティアクス
科名 ハエドクソウ科(ゴマノハグサ科)
属名ミムルス属
性状常緑低木(耐寒性)
用途 小〜中鉢
花壇
原産地アメリカ
特徴 いわゆるミムラスとは雰囲気が異なり、橙色の花を着ける低木です。茎はよく分枝してやや広がりながら伸び、茎がやや柔らかく、姿が乱れやすいので、支柱が必要です。草丈は50cm〜100cm、葉は披針形で、長さ5cm程度。茎葉には腺があって、時に粘つきます。花径は2〜3cm。白花品種もあります。
管理 やや乾燥気味を好む。花後刈り込むと秋の花がよくそろう。繁殖は挿し木または種まき。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ