ミヤマカイドウ
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ミヤマカイドウ
果実観賞期101112
開花期は5〜6月
学名Malus sp.
和名
英名
流通名ミヤマカイドウ
科名バラ科
属名リンゴ属
性状落葉低木
用途 小〜中鉢
庭園
原産地園芸種
特徴 カイドウ類のなかでもミヤマカイドウは実なりの美しさが素晴らしい種類で、始めは黄色ですが、熟すと真紅色になります。春に咲く白または淡紅色の花も美しく、秋の紅葉も観賞できるので、四季の変化を楽しめます。古くから盆栽や庭木に広く利用されてきました。ただし、ミヤマカイドウという植物名はなく、多くの場合は、ミカイドウ(Malus micromalus )をミヤマカイドウと呼ぶことが多いようで、ヒメリンゴとかなり近縁です。
管理 性質は強健で育てやすい。繁殖は接ぎ木または種まきです。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ