ミズヒキ
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ミズヒキ
斑入り品種
開花期101112
学名Polygonum filiforme (=Antenoron filiforme)
和名ミズヒキ
英名
流通名ミズヒキソウ
科名タデ科
属名タデ属
性状多年草
用途 小〜中鉢
花壇
原産地日本〜中国
特徴 山地や山際の草むらなどに自生する秋の野草です。細長い花茎にまばらな赤色の小花を穂状に着ける姿が可憐で、これを「水引」にたとえて、ミズヒキと呼ぶのでしょう。花弁に見えるのは4裂した萼で、長さ2〜3mmとたいへんに小さく、花弁はありません。葉は広楕円形〜倒卵形で、長さ5〜15cmほど。写真は葉に斑が入る品種ですが、白花、あるいは紅白混ざった品種などもあります。
管理 性質は強健。繁殖は種まきまたは株分け。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ