ミズオジギソウ
ミズオジギソウ
開花期101112
学名 Neptunia oleracea
 (=N.natans, =Mimosa natans)
和名ミズオジギソウ 別名:カイジンソウ
英名
流通名ネムリウキクサ、ウキオジギソウ
科名マメ科
属名ネプツニア属
性状多年草(水生植物)
用途 小〜中鉢
水辺花壇
原産地熱帯各地
特徴 オジギソウに似た葉形の水生植物です。熱帯の水湿地に自生し、東南アジアでは野菜として食します。葉は羽状複葉、小葉は小さく倒披針形〜長楕円形。葉はオジギソウのように触れると閉じ、夜間も閉じます(写真左下に開いた葉)。茎は海綿質のフロート状の浮き袋を作り水面に浮遊します。花は、葉腋に頭状花序でつき、鮮やかな黄色をしています。
管理 水槽に植える。夏は戸外、冬は室内で管理する。繁殖は挿し木または種まき。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間