ユーホルビア・ネオコッキネア(モナデニウム・コッキネウム)
開花期101112
不定期咲き
学名 Euphorbia neococcinea
(=Monadenium coccineum)
和名
英名 Masai spurge
流通名タンザニア・モナデニウム
科名トウダイグサ科
属名ユーフォルビア属
性状多年草
用途小〜中鉢
原産地タンザニア
特徴 赤い花が美しい多肉植物。花は茎頂付近にかたまって着き、径4cmほどの花群を形成します。花弁のように見える苞葉は杯状で、赤色です。花柄は上部が赤色に着色します。茎は円筒状で5稜、直立性や匍匐性があります。葉は多肉質で、倒披針形〜倒卵形、長さは8cmほど、周縁には鋸歯があります。地下に塊根を形成します。
管理 冬は水を減らす。繁殖は挿し木または種まき
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
夏だけは直射光を避ける
5〜10℃が必要普通の水やりでよい
ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ