モリムラマンネングサ
開花期101112
学名Sedum uniflorum ssp. japonicum f. morimura
和名モリムラマンネングサ
英名
流通名
科名ベンケイソウ科
属名セダム(セドゥム)属(マンネングサ属)
性状常緑多年草
用途 小〜中鉢
花壇
原産地日本
特徴 本州、九州、四国などの海岸から低山帯の岩上などに生育するメノマンネングサの品種とされています。茎は地表を這い、分枝して長さ15cmほどの茎が直立あるいは斜上します。葉は多肉質で円柱状、細長く長さ1〜2cmほど、深緑色ですが、下部の葉は赤味を帯びることがあります。晩春のころ黄色い小さな花が多数咲きます。丈夫で、環境耐性のある植物ですから、グランドカバーに好適です。
管理 性質は強健。多湿を嫌う。繁殖は挿し木、株分け。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
0℃より下がってもよい乾燥気味を好む
ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ