モロヘイヤ
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
モロヘイヤ
開花期101112
特に花は観賞しません。
学名Corchorus olitorius
和名シマツナソ
別名タイワンツナソ
英名 Jew's marrow, tossa jute
流通名モロヘイヤ
科名アオイ科(シナノキ科)
属名コルコルス属
性状一年草
用途 小〜中鉢
野菜
原産地インド
特徴 近年、健康野菜として知られるようになりました。よく分枝して、高さ2.5m以上に育ち、葉は披針形で長さ10cm前後です。その幼葉を食べます。ジュートをとる繊維植物としてツナソが有名ですが、これと同じ属の植物で、本種も繊維を取ることができます。花は黄色で小さく、葉腋に普通は1個咲きます。種子は有毒ですから、果実などは食べられません。
管理 性質は強健。保水性、排水性のよい土を好む。繁殖は種まきで、適期は5月。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
       
ホームページ鉢花目次同じ科の仲間