ムラサキセンダイハギ
開花期101112
学名Baptisia australis (=B.caerulea, B.versicolor )
和名ムラサキセンダイハギ
英名 blue false indigo
流通名
科名マメ科
属名パプティシア(ムラサキセンダイハギ)属
性状多年草
用途 中鉢
花壇
原産地北米
特徴  鮮やかな藍青色の蝶形の花を総状花序に多数着けます。葉は互生し、3出複葉、小葉は卵形〜倒披針形で、長さ3〜4cmほどです。短い葉柄の基部には線状披針形の2枚の托葉があります。茎は直立して多数出ますが、少し分枝し、高さは1〜1.5mです。切り花にもなります。なお、センダイハギは黄花で、別属の植物です。
管理 性質は丈夫。排水の良い用土を好む。秋は切り戻す。繁殖は種まき(適期は春)または株分け。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
0℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ鉢花目次同じ科の仲間