ムシトリナデシコ(シレネ・アルメリア)
開花期101112
学名Silene armeria
和名ムシトリナデシコ
英名 garden catchfly
流通名コマチソウ、ハエトリナデシコ
科名ナデシコ科
属名シレネ属
性状一年草または多年草
用途 小〜中鉢
花壇
原産地欧州中南部
特徴 茎頂に紅〜淡紅色の5弁の花を散房状あるいは玉状にたくさん着けてなかなか美しい。茎の上部の節下に粘液を分泌し、べたつきますが、これに虫が着くことから、ムシトリナデシコあるいはハエトリナデシコの名があります。茎は直立し、上部でよく分枝し、高さは50〜60cmほどになります。基部の葉はへら形ですが、茎に着く葉は卵形〜卵状披針形で、先が尖っています。丈夫な花で、路傍で野生化しています。白花もあります。
管理 性質は強健。繁殖は種まき。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
0℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ