ミオポルム・パルヴィフォリウム
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ミオポルム・パルヴィフォリウム
開花期101112
学名Myoporum parvifolium
和名
英名
流通名ミオポラム
科名ゴマノハグサ科(ハマジンチョウ科)
属名ミオポルム属
性状常緑低木
用途 小〜中鉢
花壇
原産地豪州
特徴 長い茎に細かな葉をたくさん着ける這い性のブッシュ。草丈は原生地でも大きてせいぜい50cmまで、栽培状態では10cmあまりで、横に大きく広がります。ですから、吊り鉢仕立てやグランドカバーに向きます。初夏に径1cmほどの白色の芳香のある小さな花を株いっぱいにつけます。新鮮な葉は緑色ですが、古くなれば、あるいは夏や冬はやや赤みを帯びます。
管理 耐暑性、耐寒性はかなり強いので、暖地では露地植え可能。夏はやや日陰が無難。性質は強健。繁殖は挿し木または種まき。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間