ナンテン
ナンテン
果実着色期101112
学名Nandina domestica
和名ナンテン
英名 heavenly bamboo, nandina
科名メギ科
属名ナンテン属
性状常緑低木
用途 中〜大鉢
庭園
原産地日本、中国〜インド
特徴 ナンテン(南天)は「難転」あるいは「成天」に通じることから、日本では古くから縁起木、厄除けの植物とされています。赤い果実や紅葉は大変に美しく、欧米でも庭園に広く使われます。葉は茎の上部に出ますが、羽状複葉、小葉は革質で披針形、先が尖ります。茎は直立し、高さ2mほど、先端に円錐花序を着け、6月頃に白い花が咲きます。果実は普通は赤色ですが、白色もあり、多くの品種があります。
管理 性質は強健。日陰でも生育する。乾燥を嫌う。繁殖は挿し木または種まき。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水

ホームページ鉢花目次同じ科の仲間