インドセンダン(ニーム)
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
インドセンダン
学名Azadirachta indica
和名インドセンダン
英名 bead tree, cape lilac
流通名 ニーム
科名センダン科
属名インドセンダン属
性状常緑高木
用途小〜大鉢
原産地インド
特徴 葉や樹皮を煎じた汁が殺虫剤になり、種子から採れる油は、ニーム油(neem oil)あるいはマルゴーサ油(margosa oil)と称し、リューマチなどの外用薬に使います。高さ15m近くまで育つ高木で、葉は単羽状複葉、小葉は9〜15枚あり、披針形、周縁は鋸歯状です。花は腋生で円錐花序をなし、白色で非常に小さい。日本にはセンダンがあります。
管理 性質は強健。繁殖は挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間
園芸豆知識「ニーム」熱帯植物館「ニーム」