ネコヤナギ
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ネコヤナギ
開花期101112
学名Salix gracilistyla
和名ネコヤナギ
英名 rosegold pussy willow
別名カワヤナギ
科名ヤナギ科
属名ヤナギ属
性状落葉低木
用途 中〜大鉢
庭園
原産地日本、北東アジア
特徴 猫のしっぽに似た銀白色に光る絹毛の花穂が可愛い、早春の風物詩です。北海道から九州まで、広く水辺に自生しています。花芽は始めは赤色の厚い皮をかぶっていますが、これが破れると白い長毛を密生する花になります。ヤナギの中では最も早く開花します。雌雄異株で、雄花の方が花がやや大きい。変種も多く、立性と這い性に大別されますが、立性のタチネコヤナギ、枝垂れ性のネコシダレなどがあり、斑入りのフイリネコヤナギもあります。
管理 性質は強健。繁殖は挿し木で適期は3月。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ