ネペタ・ファーセニー (ブルーキャットミント)
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ネペタ・ファーセニー (ブルーキャットミント)
開花期101112
学名 Nepeta ×faassenii
(=N.mussinii, =N.pseudomussinii )
和名
英名 cat mint(ネペタ属の英名)
流通名ブルーキャットミント
科名シソ科
属名ネペタ(イヌハッカ)属
性状多年草
用途 小〜中鉢
花壇
原産地園芸種
特徴 ネペタ属の植物はキャットミントの名で流通し、ハーブサラダなどに使います。本種はN.racemosaN.nepetella との種間交雑種で、青色の花が咲くので、ブルーキャットミントと呼びます。花壇に植栽すると、穂状に咲く青色花がたいへんにうつくしい。草丈は30〜60cmほど。葉は狭披針形〜狭卵形で長さ3cm程度。なお、本属の他の青色花種もブルーキャットミントの名で流通しているようです。
管理 排水性の良い用土を好む。春には株元から切り戻す。繁殖は種まき、挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ