ネリネ
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ネリネ
開花期101112
学名Nerine spp.
和名
英名 nerine
科名ヒガンバナ科
属名ネリネ属
性状多年草(半耐寒性球根)
用途 小〜中鉢
花壇
原産地南アフリカ
特徴 ヒガンバナに似ていますが、花茎が中空でなく、花がやや小さいのが特徴で、別の属になります。花色は紅、桃、白など。冬に休眠する種(ボーデニー)と夏に休眠する種(サルニエンシス)とがあり、鉢植えには後者をよく使います。
管理 サルニエンシスは8〜9月、ボーデニーは4〜5月に植えます。夏の暑さと冬の寒さに弱い。冬は霜をよけます。繁殖は分球。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間