ノコンギク
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ノコンギク
開花期101112
学名Aster ageratoides var. ovatus
和名ノコンギク
英名
流通名コンギク
科名キク科
属名アスター属(シオン属)
性状多年草(耐寒性)
用途 小〜中鉢
花壇
原産地日本
特徴 ノコンギクは「野にある紺菊」の意味で、本州、四国、九州に自生するヨメナに似たアスター属の植物です。花弁(舌状花)は紫色、花芯(筒状花)は黄色で、清楚な感じがする花です。草丈は50〜60cm程度。この園芸品種をコンギクといい、古くから庭園などに栽植されてきました。近縁にユウゼンギクダルマギクなどがあります。
管理 性質は強健で栽培しやすい。繁殖は挿し木または株分け。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ