ノウゼンカズラ
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ノウゼンカズラ
C. ×tagliabuana
開花期101112
学名Campsis grandiflora
和名ノウゼンカズラ
英名 trumpet creeper
科名ノウゼンカズラ科
属名ノウゼンカズラ属
性状落葉つる性木本
用途 中〜大鉢
花壇
原産地中国
特徴 夏の間、派手なラッパ型の橙色の花を次々に咲かせる蔓性植物です。吸着根を出して、他の木などをよじ登り、耐暑性も強いので、壁面の緑化に適しています。本属には本種と北米原産のアメリカノウゼンカズラ(C. radicans)の2種があり、両者の交雑種(C. x tagliabuana)とともに栽培されています。本種の花色は橙だけですが、アメリカノウゼンカズラには赤橙や黄色もあります。
管理 性質は強健。弱光では蕾が落ちるので、強光で管理する。剪定は冬に行い、3〜4節残す程度に強く切る。繁殖は挿し木。-5度程度までは耐える。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間