ニューサイラン (マオラン)
ニューサイラン (マオラン)
開花期101112
学名Phormium tenax
和名ニューサイラン、別名:マオラン
英名 New Zealand flax
流通名
科名ワスレグサ科(リュウゼツラン科)(ユリ科)
属名フォルミウム属
性状多年草
用途 中〜大鉢
花壇
原産地ニュージーランド
特徴 繊維作物として有名ですが、草姿が美しいので庭園などにも栽植されます。葉は大きな剣状で革質、株元から扇状に出ます。原産地では、葉の長さが1〜3mにもなります。夏には花茎を出し、暗赤色の花が円錐花序につきます。園芸品種はかなりあり、矮性のもの、葉に乳白色あるいは黄の斑が入るもの、葉色が紫のものなどがあります。 この属には2種しかなく、もう1種のコレンソイ種(P. colensoi )も流通しています。
管理 性質は強健。繁殖は株分け。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ