オダマキ
オダマキ
開花期101112
学名Aquilegia flabellata
和名オダマキ
英名
流通名
科名キンポウゲ科
属名オダマキ属
性状多年草(耐寒性)
用途 小〜中鉢
花壇
原産地日本(園芸種)
特徴 オダマキはミヤマオダマキの園芸種と考えられています。ミヤマオダマキは、花は径3cmほどで、萼片、花弁ともに紫色で、弁先は黄白色を帯びています。オダマキの仲間は、花弁は5枚ですが、その外側の萼片が大きくて5枚あり、これも花弁のように見えます。オダマキはミヤマオダマキよりやや大型で、花数も多く、丈夫で、花色は白色もあります。栽培が多いのはセイヨウオダマキで、これは花色が多彩ですが、少し形態が異なります。
管理 暑さにやや弱い。繁殖は種まき。株分けもできる。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
夏だけは直射光を避ける

ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ