オオデマリ
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
オオデマリ
開花期101112
学名Viburnum plicatum
和名オオデマリ
別名テマリバナ
英名 japanese snowball
科名レンプクソウ科(スイカズラ科)
属名ガマズミ(ウィブルヌム)属
性状落葉低木
用途 中鉢
庭園
原産地日本
特徴 アジサイのように花序がてまり状となり、花がすべて中性の装飾花となった園芸種です。花色はやや緑がかった白色です。一見、アジサイを小型にしたような感じですが、科も異なる植物です。本種の野生種であるヤブデマリは周辺のみ装飾花で、中央に両性花があり、秋には小さな球状の赤い果実をつけますが、オオデマリはつけません。
管理 性質は強健。日陰にも耐える。茎の先端に花芽をつけるので秋冬期は刈り込まない。繁殖は接ぎ木、挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ