ムラサキカタバミ
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ムラサキカタバミ
開花期101112
学名Oxalis corymbosa (=O.martiana)
和名ムラサキカタバミ
英名
流通名
科名カタバミ科
属名カタバミ(オクサリス)属
性状多年草(耐寒性球根)
用途 小〜中鉢
花壇
原産地ブラジル
特徴 帰化植物として、駆除しにくい雑草の代表的な種類ですが、日当たりの良い場所ではたくさんの花が咲いて美しい。葉はすべて根生葉で、葉柄は長く、高さ30cmくらいになります。3出葉で、小葉は三角形に近い倒心臓形、先端は鋭角に深く切れ込んでいます。花茎はたくさん出て、10個近い花が散形に咲きます。花は鮮桃赤色で花の中心部は淡黄緑色。花の径は1.5〜2cm程度。種子はとれません。
管理 性質は強健。雑草化に注意。繁殖は鱗片または根茎を植える。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ管理方法の解説へ