ラティビダ・コルムニフェラ
ラティビダ・コルムニフェラ
開花期101112
学名 Ratibida columnifera(=Lepachys columnifera
=Rudbeckia columnifera )
和名
英名 long head coneflower, prairie coneflower
流通名メキシカンハット, イエローコーンフラワー
科名キク科
属名ラティビタ属
性状多年草
用途 小〜中鉢
花壇
原産地北米
特徴 メキシコ人の帽子を連想させるユニークな花形です。頭花は、周辺に黄色の舌状花が垂れ下がり、中心部の花盤が舌状花よりも長く円柱状に盛り上がります。その色は黒褐色で、先端は緑色味を帯びます。舌状花の長さは2.5cmほど、花盤の長さは2.5〜5cmです。なお、舌状花の基部あるいは全体が赤褐色になる品種もあります。葉は、羽状に細かく切れ込みます。茎は直立し、草丈は40〜80cm。
管理 性質は強健だが多湿には弱い。繁殖は種まき。株分けもできる。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
0℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ鉢花目次同じ科の仲間