レブンソウ
レブンソウ
開花期101112
学名Oxytropis megalantha
和名レブンソウ
英名
流通名
科名マメ科
属名オクシトロピス属
性状多年草
用途 小〜中鉢
花壇
原産地日本(礼文島)
特徴 北海道礼文島に分布する固有種です。紫青色の約2cmの小さな花が総状にたくさん咲き、可憐です。花茎の長さは20cmほど。葉は根生し長さ5〜8cm、羽状複葉で、小葉は長さ2〜3cmの卵状長楕円形、マメ科らしい葉の姿をしています。茎葉全体に白〜灰色の軟毛を密生しています。根茎は太く木質で、よく分枝して群生した状態になります。山草として栽培されます。
管理 冷涼な気候と排水性の良い用土を好む。繁殖は種まきまたは株分け。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
0℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ鉢花目次同じ科の仲間