リボングラス
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
リボングラス
学名 Arrhenatherum elatius ssp.bulbosum'Variegatum'
(=A. elatius var.tuberosum f.variegatum)
和名リボンガヤ
英名
流通名リボングラス
科名イネ科
属名オオカニツリ属
性状多年草
用途 小〜中鉢
花壇
原産地欧州(園芸種)
特徴 リボングラスの名で知られる本種は、高さ1.5mにもなるオオカニツリの矮性品種で、高さ20cm程度です。白覆輪で、葉が密生して美しく、花壇の縁取りなどに広く利用されています。なお、英名のribbon grassはクサヨシ属のシマガヤのことで全く別の植物です。日本だけの呼称かもしれません。
管理 性質は強健。夏の暑さにはやや弱い。排水のよい用土を好む。繁殖は株分け。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間