ライスフラワー
ライスフラワー
開花期101112
学名Ozothamnus diosmifolius
和名
英名
流通名ライスフラワー
科名キク科
属名オゾタムヌス属
性状常緑低木
用途 小〜中鉢
花壇
原産地豪州
特徴 白〜淡桃色の小さな頭花が散房状に咲く姿は、米粒が多数着いているように見えるので、ライスフラワーの愛称があります。生長すると3mほどになる常緑低木で、毛の生えた葉は線形で小さく、長さは1.5〜2cmです。
管理 日なたを好むが真夏の直射日光は避けた方が無難。多湿に注意。繁殖は種まきか挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間
熱帯植物館「ライスフラワー」