ロンドレティア
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ロンデレチア
開花期101112
周年開花性があり、温度があれば冬季も開花する
学名Rondeletia odorata
和名ベニマツリ
英名
流通名ロンデレティア
科名アカネ科
属名ロンドレティア属(ベニマツリ属)
性状常緑低木
用途小〜中鉢
原産地キューバ、パナマ
特徴 鮮橙赤色で、中心部が黄色の小さな花が印象的な熱帯花木です。花には芳香があり、筒部が長く、先は5裂しています。そして、集散状に10〜30ほど咲きます。葉は長楕円で、やや波打っています。高さ1〜2m。植物園などの温室内によく植えられますが、鉢物としても流通します。ロンドレティア属は120種以上の植物があり、熱帯アメリカや西インド諸島に原生しますが、本種がよく知られています。
管理 排水のよい用土を好む。陽光を好むが半日陰でもよく育つ。繁殖は挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間