ルドベッキア・ヒルタ
ルドベッキア・ヒルタ
開花期101112
学名Rudbeckia hirta
和名アラゲハンゴンソウ
英名 black-eyed-Susan
別名マツカサギク
科名キク科
属名ルドベッキア属
性状寿命の短い多年草
用途 小〜中鉢
花壇
原産地北米
特徴 日本各地で野生化してますが、黄や橙色の舌状花と暗褐色の筒状花の対比が美しい植物です。普通は草丈90cm程度までなりますが、鉢物には矮性品種が適します。園芸的には一年草扱いしますが、多年草の性質を少し持っており、一冬越冬して翌年の開花も望めます。
注: オオハンゴンソウ(R.laciniata)が外来生物法の対象植物として、販売や栽培が禁止されています。
管理 性質は強健。繁殖は種まきで、暖地では秋、寒冷地では春まき。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ