ルメクス
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ルメクス
開花期101112
学名Rumex sanguineus
和名
英名 bloody dock
流通名 ルメックス
科名タデ科
属名ギシギシ(ルメクス)属
性状多年草
用途 小〜中鉢
花壇
原産地欧州、南西アジア、北アフリカ
特徴 スイバ(スカンポ)は世界に広く帰化して、日本の山野にも自生しています。スイバと同じ属には150種ほどあり、一部は野菜として利用されますが、本種は観賞用です。血赤あるいは紫色の葉脈がたいへんに目立つのが特徴です。葉は長楕円形〜披針形で、長さ5〜15cm、ロゼットを形成します。そして、初夏の頃に茎を直立し、茎の先端に淡緑色〜赤茶色の円錐花序をつけます。高さは90cmくらいになります。
管理 性質は強健。排水の良い用土を好む。繁殖は種まき。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間