ヘンルーダ
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ヘンルーダ
開花期101112
学名Ruta graveolens
和名ヘンルウダ
英名 rue
流通名ルー、ネコヨラズ(猫不寄)
科名ミカン科
属名ヘンルーダ属
性状常緑多年草
用途 小〜中鉢
花壇
原産地南欧
特徴 ハーブとして導入されたのはたいへんに古く、通経、鎮痙、駆虫などに効く漢方薬として利用されいました。葉にはミカン科らしい独特の強い香りがあり、香りづけ用のハーブとしても使われます。この香りを猫が嫌うとして、ネコヨラズの名で流通しています。葉は羽状複葉または羽状に深裂し、裂片はへら型あるいは楕円形。6月ごろに径1.5cmほどの黄色花が散房状にたくさん咲きます。草丈は60〜90cmくらい。
管理 高温多湿にやや弱い。温暖地では容易に越冬する。繁殖は種まきまたは挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間