サルビア・インウォルクラータ
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
サルビア・インウォルクラータ
開花期101112
学名Salvia involucrata
和名
英名 rose leaf sage,
流通名ローズリーフセージ
科名シソ科
属名サルビア属
性状常緑亜低木(半耐寒性)
用途 小〜中鉢
花壇
原産地メキシコ〜中米
特徴 赤い大きな球状の蕾が特徴の大型サルビアです。草丈は1mを越します。赤く見えるのは花を包むように覆っている苞で、これは開花時には脱落して、桃〜紅色の花が次々に咲きます。葉は卵形で、長さは5〜10cmあり、葉の形からかローズリーフセージの名があります。
管理 耐寒性はやや弱いが暖地なら越冬可能。性質は強健。枝が斜上しやすい。繁殖は挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ