サルビア 'インディゴ・スパイアズ' (ラベンダーセージ)
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
サルビア 'インディゴ・スパイアズ' (ラベンダーセージ)
開花期101112
学名Salvia ''Indigo Spires'
和名
流通名ラベンダーセージ
英名 indigo spire sage
科名シソ科
属名サルビア属
性状常緑低木
用途 小〜中鉢
花壇
原産地園芸種
特徴  花の形がラベンダーに似ているので、ラベンダーセージといわれます。花は萼も花弁も濃紺で、萼が長く残ります。初夏から開花し始め、7月に剪定すると秋には低い草丈で花が咲き、たいへんに長い花期を楽しめます。草丈は50〜150p。ブルーサルビア(ファリナケア:S. farinaceaとロンギスピカタ(S. longispicata)の交雑種といわれています。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
0℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ管理方法の解説へ