サントリナ・ロスマニフォリア
開花期101112
学名Santolina rosmarinifolia
和名
英名 green santolina
流通名ローズマリーサントリナ、サントリナローズマリー
科名キク科
属名サントリナ属
性状常緑低木
用途 小〜中鉢
花壇
原産地南欧
特徴 丸い鮮やかな黄色の花が真夏に群生する姿が美しい。茎は直立またはやや斜めに多数伸び、35〜60cmほどになります。葉は細い線形です。本属ではサントリナ(ワタスギギク:S. chamaecyparissus が多く出回っており、これは灰白色の綿毛を密生し、もっぱら銀白色の葉の美しさを観賞しますが、本種は綿毛が少なく葉は緑色をしています。
管理 蒸れにやや弱い。繁殖は挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
0℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ