セイヨウニンジンボク
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
セイヨウニンジンボク
開花期101112
学名Vitex agnus-castus
和名セイヨウニンジンボク
英名 chaste tree
科名シソ科(クマツヅラ科)
属名ハマゴウ属
性状落葉低木
用途 小〜中鉢
花壇
原産地地中海〜西アジア
特徴 古くから栽培されるニンジンボクは中国原産で、葉の形がチョウセンニンジンに似るので、この名が付けられていますが、セイヨウニンジンボクは原産地が地中海沿岸地方です。全株に香りがあり、披針形の小葉5〜7個からなる掌状複葉で、茎の先端に薄紫色の小さな花が円錐状に咲きます。白色品種もあります。高さは2〜3mになります。欧州では果実を香料にします。
管理 性質は強健。繁殖は種まきまたは挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間