レデボウリア・クーペリー(シマツルボ)
開花期101112
学名 Ledebouria cooperi
(=Scilla adlamii, S.cooperi )
和名
英名
流通名シマルツボ、シラー・アドラミー
科名キジカクシ科(ヒアシンス科)(ユリ科)
属名レデボウリア属
性状半常緑多年草(球根)
用途 小〜中鉢
花壇
原産地南アフリカ
特徴 葉は緑色地に紫色の縦縞が入るのが特徴です。また、斑点も入ります。葉の形は線形から狭楕円形で、やや肉厚、長さは25cmほど、夏に1〜5枚出ます。花は小さな鐘状で、総状花序に多数咲きます。花色は赤味を帯びた桃〜紫です。鱗茎は卵形です。
管理 多湿は避ける。冬は室内に。繁殖は株分け。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
5℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ観葉植物百科目次へ同じ科の仲間同じ属の仲間へ