シロバナエンレイソウ
開花期101112
学名Trillium tschonoskii
和名 ミヤマエンレイソウ
別名:シロバナエンレイソウ
英名
流通名
科名シュロソウ科(ユリ科)
属名エンレイソウ属
性状落葉多年草
用途 小〜中鉢
花壇
原産地日本、東アジア
特徴 山林の樹陰に生える清楚な雰囲気のある山野草です。高さ20〜30cmの茎を伸ばし、先端に3枚の葉を輪生します。葉は菱状円形〜円形で葉柄はなく、茎から直接出ます。葉の長さは10〜20cmほどです。3枚の葉の中心から短い花柄が出て白色の小さな花が咲きます。花弁は3枚、萼片も3枚で、両者とも同じくらいの長さです(写真は開花前の株。右下が花。)。
管理 腐植質の多い用土、冷涼な気候を好む。繁殖は種まき。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
夏だけは直射光を避ける耐陰性がある0℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ鉢花目次同じ科の仲間