ニホンスイセン
開花期101112
学名Narcissus tazetta var.chinensis
和名ニホンスイセン(スイセン)
英名
流通名ニホンスイセン
科名ヒガンバナ科
属名スイセン(ナルキッスス)属
性状多年草(球根)
用途 小〜中鉢
花壇
原産地地中海沿岸
特徴 フサザキスイセンの変種で、越前海岸などに自生しています。花は径3〜4cmほどと小さいのですが、1茎に5〜8花を着けます。花弁は白、副花冠は黄色です。草丈は40cmほど。古くシルクロードを経由して中国まで来たシナズイセンと同じ種ですが、ニホンスイセンは球根が少し小さいようです。中国から日本へは、海流に乗って渡来したのではないかとの説があります。
管理 スイセンの管理に準ずる。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
0℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ