ラッパズイセン
開花期101112
学名Narcissus pseudonarcissus
和名ラッパズイセン
英名 daffodil, trumpet narcissus
流通名
科名ヒガンバナ科
属名スイセン(ナルキッスス)属
性状多年草(球根)
用途 小〜中鉢
花壇
原産地欧州西部
特徴 真ん中にある筒状の副花冠はラッパ状でたいへん大きく、縁に切れ込みがあります。花色は濃黄〜淡黄色が普通ですが、白花や、花弁が白色で副花冠が黄色のものなどもあります。1茎1花で、うつむきあるいは横向きに咲きます。副花冠の大きなものでは長さが6cm以上になるものもあります。本種は品種がたいへんに多く、一般に副花冠の長さが花弁の長さと同じかそれ以上のものをラッパズイセンと総称します。葉は直立し、長さは35cm前後です。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
0℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ
管理方法の解説へ