シャリンバイ
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
シャリンバイ
マルバシャリンバイ
開花期101112
学名Rhaphiolepis umbellata
和名シャリンバイ
英名 Yeddo-hawthorn
別名
科名バラ科
属名シャリンバイ属
性状常緑低木
用途 中〜大鉢
庭園
原産地日本〜朝鮮半島
特徴 九州や中四国地方に自生し、各地で庭木として使われます。卵形〜長楕円形の葉が輪状に互生して、茎の先端に径2cmほどの白い花が多数咲き、花いっぱいになります。秋には径1cmほどの硬質の球形果実が黒く熟します。高さは2〜4mほどになります。亜種のマルバシャリンバイは草丈が低く、葉も枝も密に着き、自然に樹形が丸く仕上がるので、鉢花にも適しています。
管理 性質は強健。やや耐寒性は弱いが、関東以西ではさほど問題はない。繁殖は種まきまたは挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ