オオベニウツギ
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
オオベニウツギ
開花期101112
学名Weigela florida (=W.rosea)
和名オオベニウツギ
別名オオタニウツギ、カラタニウツギ
英名 old fashioned weigela
流通名 タニウツギ
科名スイカズラ科
属名タニウツギ属
性状落葉低木
用途 小〜中鉢
庭園
原産地中国〜日本
特徴 タニウツギ属の植物では、タニウツギと本種が庭木として広く利用されます。本種の花は筒状漏斗形で長さ3〜4cm、濃紅色で美しい(タニウツギは淡紅色)。花は葉腋に数個ずつつきます。葉は楕円形〜長楕円形で、先端はやや尖り、長さ5〜10cmほど。樹高は2〜3m。種間交雑品種を始め多くの園芸品種があり、白花や斑入り品種などもあります。
管理 性質は強健。枝はよく伸長するので、花後に強く刈り込むと樹形が整う。繁殖は挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ