ツンベルギア・エレクタ (コダチヤハズカズラ)
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ツンベルギア・エレクタ (コダチヤハズカズラ)
開花期101112
学名Thunbergia erecta
和名コダチヤハズカズラ
英名 bush clock vine
科名キツネノマゴ科
属名ヤハズカズラ属
性状常緑小低木
用途 小〜中鉢
花壇
原産地熱帯西アフリカ
特徴 高さ1〜2mの蔓性小低木で、葉腋に濃紫青色の花をつけます。花の中心部(喉部)は濃黄色、筒の部分は白色で、三色のコントラストが美しい花です。白花品種もあります。かなり周年開花性があります。鉢植えにしてもよく開花します。なお、ツンベルギアの仲間では、蔓性多年草で黄花のアラータ(ヤハズカズラ)も鉢物としてよく出回っています。
管理 性質は強健。陽光を好むが、夏は半日陰。水はけのよい用土を好む。繁殖は挿し木。冬は室内で容易に越冬する。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ