リュウキュウツワブキ
リュウキュウツワブキ
開花期101112
学名Farfugium japonicum var. luchuense
和名リュウキュウツワブキ
英名
流通名
科名キク科
属名ツワブキ属
性状常緑多年草
用途 小〜中鉢
花壇
原産地沖縄
特徴 ツワブキの変種ですが、沖縄の原産種です。葉の形に大きな特徴があって、ツバブキは普通は腎心形をしていますが、リュウキュウツワブキは扇形で、葉縁が切れ込み、その先端が尖っていますから、全体の姿がかなり異なって見えます。
管理 性質は強健。繁殖は伸びた地下茎の分割または種まき。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ