チョウセンニンジン
開花期101112
学名Panax ginseng (=P.schinseng )
和名オタネニンジン 別名:チョウセンニンジン、コウライニンジン
英名 ginseng, ninsin
流通名
科名ウコギ科
属名パナクス(ニンジン)属
性状多年草
用途小〜大鉢
原産地朝鮮半島〜中国北部
特徴 根を薬用に用いることで知られる「人参」ですが、野菜のニンジンとは全くの別種です。葉は掌状複葉で、小葉は5枚、楕円〜卵形で先がとがり、長さ10〜20cmほど、周縁は切れ込んでいます。茎頂に散形花序で咲く花は黄色、赤い球形の果実が着いて美しい。根は紡錘形で独特の香りがあり、薬用にしますが、韓国では野菜としても利用します。
管理 連作を嫌う。薬用にする根が収穫できるまでの栽培期間は5年ほど。繁殖は主に種まき。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
半日陰を好む
0℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ鉢花目次観葉植物百科目次へ同じ科の仲間