ボンテンカ
開花期101112
学名Urena lobata ssp. sinuata (=Urena sinuata )
和名ボンテンカ
英名
流通名ウレナ
科名アオイ科
属名ボンテンカ属
性状落葉低木
用途 小〜中鉢
花壇
原産地日本南部〜東南アジア
特徴 葉は深く5裂した掌状で、それぞれの裂片は菱形状の卵形、独特な葉の姿です。葉の色は濃緑色で、表面には淡黄緑色の大きな斑があります。むしろ濃緑色で隈取られているようです。星状の細毛があり、特に裏面は白っぽい感じです。葉腋にハイビスカスを小型にしたような径2cmほどの可愛い花が咲きます。しかし、本種は主に葉姿や斑模様の面白さを楽しみます。
管理 高温多湿を好む。繁殖は主に種まき。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
5℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ観葉植物百科目次へ鉢花目次同じ科の仲間