フェルトハイミア(ベルセイミア)・ブラクテアタ
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
フェルトハイミア(ベルセイミア)・ブラクテアタ
開花期101112
学名Veltheimia bracteata (=V.viridiflora)
和名
英名
流通名ベルセイミア、ベルゼミア
科名キジカクシ科(ヒアシンス科)(ユリ科)
属名フェルトハイミア属
性状多年草(半耐寒性球根)
原産地南アフリカ
用途小〜中鉢
特徴 トリトマを小さくしたような穂状の花が咲きます。球根は卵形で径は約6cm。葉は舌状で強く波打ち、光沢ある緑色です。花茎は長さ45cmほどで、花序は10cm前後、花は管状で長さ3〜4cm、総状に60花ほど着きます。花色は淡赤色で、淡黄色の小さな斑点があります。本種の他にカペンシス(V.capensis)も栽培されますが、これは桃〜赤紫色花で、夏に休眠を必要とします。
管理 温度さえあれば一年中生育する。繁殖は分球または種まき。植え替え適期は9月。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間
熱帯植物館「フェルトハイミア」