ワーレンベルギア・アルボマルギナタ
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ワーレンベルギア・アルボマルギナタ
開花期101112
学名 Wahlenbergia albomarginata
和名
英名 New Zealand bluebell
流通名ワーレンベルギア
科名キキョウ科
属名ワーレンベルギア属(ヒナギキョウ属)
性状多年草
用途小〜中鉢
原産地ニュージーランド
特徴 カンパニュラに似た淡青色(白色もあり=写真)の花が可愛いヒナギキョウの仲間。小型の葉をロゼット状に出し、細い花茎を多数伸ばして、たくさんの花をやや下垂して咲かせます。株張りは20cm程度、草丈も20cm以内の小型植物で、ニュージーランドの亜高山地帯に自生しています。
管理 高温を嫌い、夏越しが難しいので、冷涼なところで管理する。排水の良い用土を好む。繁殖は種まきか株分け。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ