ウエストリンギア
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ウエストリンギア
開花期101112
学名Westringia fruticosa (=W.rosmariniformis)
和名
英名 Australian rosemary
流通名オーストラリアン・ローズマリー
科名シソ科
属名ウエストリンギア属
性状常緑低木(半耐寒性)
用途 小〜中鉢
花壇
原産地豪州
特徴 ローズマリーに似た葉や花の形をしていますが、本種の方が枝が柔らかで、繊細な雰囲気があります。樹高は1〜1.5mくらいまで伸び、径1〜1.5cmの小さな青みがかった白花を多数着けます。桃色品種もあります。花は春に多いのですが、ほぼ周年的に咲きます。プロスタンテラ属(ミントブッシュ)に近い仲間です。
管理 耐寒性はやや弱いので、冬は室内に入れる。過湿、乾燥にも弱いので管理に注意。排水性の良い用土を好む。繁殖は挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間