ウィトフィルディア
ウィトフィルディア
開花期101112
12℃あれば周年開花
学名 Ruellia graecizans 'Albiflora'
(= R. longiflora)(=Whitfieldia elongata)
和名
英名
流通名ホワイトキャンドル、ホワイトフィルディア
科名キツネノマゴ科
属名ルイラソウ(リュエリア)属
性状常緑亜低木(非耐寒性)
用途 小〜中鉢
花壇
原産地南アメリカ
特徴 白い花穂と光沢ある緑葉のコントラストが美しい涼しげな夏の花です。ホワイトキャンドル、ホワイトフィルディアなどの名で出回っています。草丈30〜60cm程度で、葉腋から、長い花茎をのばし、多数の筒状の花をつけます。原種の花は赤色ですが、多く出回っている品種は白色のアルビフローラです。
管理 多湿を嫌う。高温にはよく耐えるが、夏は半日陰がよい。花後切り戻すと再び開花する。冬は室内で管理。繁殖は挿し木または種まき。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ