スズランノキ
開花期101112
学名Zenobia pulverulenta
和名スズランノキ
英名
流通名ゼノビア
科名ツツジ科
属名ゼノビア属
性状半落葉低木
用途 小〜中鉢
花壇
原産地北米東部
特徴 スズランのような花が総状に多数咲く姿が美しい低木です。花は、つやのある白色の鐘型で、先は浅く5つに裂け、長い花柄にぶら下がり、甘い香りがします。花の長さは1cmあまり。葉は互生し、長楕円形〜卵形で、長さは2〜7cmです。寒い地域では冬に落葉します。樹の高さは1〜1.5mほどです。別に「スズランノキ」の流通名で出回っている紅葉の美しい植物がありますが、これは別の植物です。
管理 性質は強健。繁殖は挿し木または種まき。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
0℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ鉢花目次同じ科の仲間